さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

某議員の「竹島戦争発言」について思うこと

 

 

 

「なんで戦争で取り返さないのか」を逆に考えた方がいい。Twitterなんかでも書いたけど、結局のところ「戦争するリスク」が「戦争で竹島を取り返すことによって得られるリターン」を上回ってるってだけの話なんだと思うんですよね。

 

そこが逆転するのであれば戦争なんてとっくに始まってるんじゃないですか。国家なんてそんなもんだしそうあるべき。憲法なんて解釈次第でどうにでもなるじゃん?っていうのはすでに歴代の総理大臣が証明してるしねえ。

 

リスクが上回るなあって思ってるから中国だって武力使って尖閣奪い取ろうとしないし、香港抑えつけようとしてないわけでしょ。その気になればケンカできるのにね。逆に言えば、武力使い出したらリターンが上回る計算ができた瞬間だってこと。計算なんて往々にして外れるもんだけど。

 

まあ、「あらゆる選択肢を排除」しないことによってプレッシャーかけたらええやんっていう言い回しだと思うんですけど、実効支配されてるところに「戦争するかもよ?ん?ん?どうなっても知らないよ?」なんて言い寄った所でどんな利点があるかは正直あんまり思いつかない。

 

それで韓国さんが「わかったわかった、ここらへん譲歩するからそれ辞めて」みたいな外交展開も想像つかないし、今の振り切れた韓国さんなら「分かった、かかってこい潰してやるよ」くらい言いかねない。そんな状態じゃん。「議論喚起」とか言ってるけど「喚起」の必要性を感じない。まさか「愛国心」なんて言わないだろう。

 

あとは、そこら辺のカードを持ち出す、あるいは実行することで「誰が」得をするのかは考えた方がいいよね。それはたぶん、中国と北朝鮮自衛隊が実戦でどんだけ戦えるのかっていうデータをノーリスクで取れるだけで彼らにとってはご褒美みたいなもんですよね。韓国が消耗すればなおいいわけ。ただでさえアメリカが撤退して戦力ダウーンするかもですから。そもそも「日本が戦争」というカード自体が、叩ける格好の道具だし。

 

だから、本気で竹島を奪い返したいなら、そこら辺のリスクを最大限取り払わなければならないんだと思うんだけど、そのためにはめちゃくちゃ労力かけないといけないのは明らかじゃないですか。中国と折衝、北朝鮮と折衝(できません)、なんなら同盟組んでるアメリカとも折衝、その他もろもろ。大変じゃん。外務省過労死しちゃうよ。それで竹島取り返したとしても得られるものなんてたかが知れてるんだろうし。石油ぐらい取れなきゃお釣りはこないよ。

 

「だから」戦争しない。「だから」、ノーリスクの遺憾砲ぐらいがちょうどいい。んだよ、ってそんなことぐらい分かってるだろうに。分かってる奴が、自分の立場使って何でも言ってやろうみたいな考え方でやってるあたり、本当にこの人器ちっさいんだなって思っちゃうなあ。器ちっさい人、頭よくたって議員向いてないよ。辞めたら?

 

この人見てるとどうしてもあのAA思い出すのよ。自分のちん○で「釣れた!」ってやってるAA。だって初手が「酔った勢いで失言」みたいな感じだったのに、いつの間にか「それが真実!!」みたいなポジションになってるじゃん。開き直り以外の何物でもないし、そんな謎な行動してるのは、エンタメ的には面白い。あと、環境も変わってないのにずいぶんと早く治られたんですね、適応障害。そんな類のもんじゃないと思うんですけど。

heno2.com

愛国心」は余計なものを生み出すっていう好例だと思いますよ、竹島問題。

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス