さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

仙台→佐多岬 車で10泊11日 ~Final 養老天命反転地~

f:id:sabapen:20191013134939j:plain

はいどうもーヽ(゚∀゚ゞ)!

砂漠のペンギン[@saba_pen]です。

 

仙台から佐多岬まで車で行くぜプロジェクト。

Finalの模様をお届けさせていただきます!!

なお、例によって戦利品の写真撮るの忘れました!!!ごめんなさい!!!

 

もくじ。

 

1.Finalの行程

奈良→岐阜・養老天命反転地→移動オブ移動→福島・いわき→仙台

ということになりました。いわきでは友人に会う予定。

なぜ「最終日」ではなく「Final」なのかというと、そのいわきでしこたま飲んだ結果、本当の意味での最終日が「ただ帰るだけ」になってしまったからです。そんな記事!!わたし!!書けないっ...!!!!!

 

2.養老天命反転地 「自分の根っこ」に気付く

f:id:sabapen:20191013140247j:plain

途中ちらっと寄った関ケ原で見つけた、コインロッカーの貼り紙。こういうセンスが神社に略

 

f:id:sabapen:20191013140351j:plain

養老公園」という岐阜県の公園の中にある芸術作品、それが養老天命反転地です。荒川修作さんという芸術家さんと、マドリン・ギンズさんという芸術家・詩人さんが共同で制作したものです。普通の芸術作品と違うのは、ここがテーマパークのようになっていて、自分の心だけでなく「身体」も使って感じることができるという点です。写真だとイマイチつかみづらいんですけど、実際に現場に行くと相当広いです。

 

f:id:sabapen:20191013141442j:plain

テーマパークはすり鉢状になっています。実際に中に入っていくと、写真のようなワケわかんない建造物が色んなところに設置されています。ベッドだろうがソファーだろうが電子レンジだろうが、容赦なく抽象的な建造物にぶった切られています。

 

f:id:sabapen:20191013142042j:plain

そして、すり鉢の中はどこもかしこもデコボコ。道らしきものはあるにはあるのですが、一歩間違えばケガしそうなものばっかりでした。移動するにも一苦労するそんな空間。隅から隅まで歩き尽くして、また例によって登山しているような状態でしたが、結構楽しかったです。

 

f:id:sabapen:20191013142756j:plain

で、この場所に「使用法」なるものが存在するということを知ったのが、一通りの建造物を歩いて回った後にパンフレットを開いた瞬間でした。そこで見えてくるのが制作者の意図、そして「先に見なくてよかった」ということでした。思うがままにやった後に「使用法」を見てもう一回、というのが制作者の意図を一番読み取れるんじゃないだろうか。

 

f:id:sabapen:20191013143427j:plain

キーワードは「肉体」「心」。一通り思うがままに動き回って、「使用法」などの書かれたパンフレットを見たときに、これが「死」に抗うために作られたテーマパークであることを知りました。で、抗うための方法のひとつとして、この地を「使用法」に基づいて散策することが提唱されているわけです。

実際に「使用法」のとおりやってみると、あなたは恐らく「肉体」と「心」の分離を感じていくのではないでしょうか。思い通りにならない肉体。あるいは、思いもしなかった行動を取る肉体。はじめのうちはそのことに気付きません。少し経ってその分離に気付いた時に、「心」は「肉体」を知る。そうやって、分離されたものがまた統合されていくのでしょう。

 

その瞬間に得られるものが、荒川・ギンズがいうところの「天命反転」、つまり「死ぬという宿命をひっくり返す」ことなのではないでしょうか。

「肉体」に好き勝手にやらせること。そのあとで「心」で振り返って、「思てたんとちがう!」と感じること。でも、「思てたんとちがう!」はずの自分自身が、よくよく考えれば自分そのものであったと知ること。そうして新しい自分に気付き、自分の可能性を広げていくこと。そういった過程を、体感することができる!...ような気がします。えらそうにのたまいましたけど。

 

ひょっとしたら、MBTIのセッションを受けていたことが、こういった理解の仕方につながったんじゃないかと思っています。そのことについては、また後日まとめますね。何はともあれ、とっても面白かった!ツイッターでも書きましたけど、ほんとうの意味での「自分探し」ができるところだと思いますよ!!

 

3.ただいま仙台

f:id:sabapen:20191013150234j:plain

その後、1日かけて福島・いわきへ向かい、友人に旅の感想を語るだけ語った後「ふーん」の一言で一刀両断され、宿泊。

 

そして、

f:id:sabapen:20191013150349j:plain

ゴーーーーーーーーーーーールヽ(゚∀゚ゞ)

おつかれさまでした!!

結局、10泊11日どころか12泊13日になっちゃいました。やれやれだぜ。

 

総走行距離は、

f:id:sabapen:20191013150448j:plain

5984.6キロ!!

おしい!!もうちょっとで6000キロでした。

 

というところで、ひとまず大きなケガもなく無事帰れました!!よかったね!!

帰ってきた次の日には台風襲来ということで、ほんと奇跡的なスケジューリングになっちゃいました。だいたい晴れてたし、よかったなあ。

 

さあ、気になる予算ですが...

明日の記事でまとめさせていただきます!!ひゃっほう!!

 

ということで、明日以降は旅のまとめに入っていきますねー。

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス