さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

バンド好きなら押さえておきたい「夏」の曲5選

f:id:sabapen:20190710160431j:plain

はいどうもーヽ(゚∀゚ゞ)

砂漠のペンギンです。

 

ぜんぜん、夏っぽくなくないですか!?ま、7月はじめだしな、そりゃそうか。

 

それにしても、ちっとも暑くなる気配がないっすよね。

 

って、しまった砂漠だからいっつも暑いんだよ。いやー暑いね!!

゚・。・(ノ∀゚)σ・。・゚イーッヒッヒッヒッヒッヒ

 

というわけで、「」の曲をご紹介しましょう。例によってバンドばっかりですから、わたしそういうの好まないわというあなたはEG SUMMER RIDERでも聴いといてください。

 

 

もくじ。

 

 

THEラブ人間「大人と子供(初夏のテーマ)」


THEラブ人間/「大人と子供(初夏のテーマ)」P.V SPOT

 

はい切ない。こんな切なすぎる曲ない。

ヨョヨョヨョヨョ。+゚(ノД`)゚+。ヨョヨョヨョヨョ

 

はじめてこの人たちのライブを見たのももう8年前のことですが、あんな撃ち抜かれた瞬間もなかった。何せ前情報が何もなかったのに、終わった頃には感動に支配されていたのですから。

 

ライブがかっこいいTHEラブ人間。「砂男」もおすすめしたい。歌詞は基本的にダメ人間と言われる部類に入ると思われるのだけど、そこがまた刺さってくるのです。

 

 

初恋の嵐「真夏の夜の事」


初恋の嵐 - 真夏の夜の事

 

この曲を聴くと、暑苦しい熱帯夜の、アパートの一室の情景がすぐに浮かび上がってくる。

 

とかって、いろいろ書こうと思ったんだけど、改めてMV見返したら、出てるの山本太郎じゃん!!ちょっと!!!

(*ノωノ)キャー

 

それだけでなんか全部吹っ飛んでしまった。そういう意味では旬の曲と言えるのではないでしょうか。

 

これが「想像のストーリー」として歌われることに、狂気すら感じてしまう。暑苦しい夜にはいいかもしれない。

 

 

Base Ball Bear「ELECTRIC SUMMER」


Base Ball Bear - ELECTRIC SUMMER

 

ベボベはなんていうか、夏!!って曲がたくさんあるんだけど、これを選んでみました。

 

ベボベのはじめぐらいの曲って、狙い方がほんとにちょうどいいと思うんですよ。言葉の選び方が、程よく青春してる感じ。

 

これが「真夏の条件」になると、狙いすぎて逆にハズしてる、というところを狙ってるような感じになっちゃって、やや青さが薄れている気がする。

 

なので、こっちの方がいいです。ベボベの造語センスは、くすんだB級映画のフィルムのような雰囲気があって、好きです。どんなだ。

 

 

或る感覚「初夏のピラニア」


或る感覚 - 初夏のピラニア

 

MVの素っ頓狂さに思わず目を奪われますが、或る感覚ってチョーカッコよかったと思うんです。MVの素っ頓狂さに思わず目を奪われますが。

 

「city style alternative blues」とかもすごく好きだ。ハヌマーンがどうこうという話も当時はよくあったが、知ったことではない。かっちょいいのだから。

 

なお、彼らのライブも7年前に見に行きました。これがまたよかった。Voの立花くんのアホみたいなビッグマウスは当時憧れていたな、ということを思い出しました。

 

 

そこに鳴る「夏の落とし物」

夏の落とし物

夏の落とし物

  • provided courtesy of iTunes

 

ちょっと前に流行ってた「妙にテクい」人たちが限界まで進化した姿がこのバンドだと思われます。ちょっと調べたら凛として時雨に影響を受けたんだって。そりゃそうだ。

 

イントロでぶちかましてきたと思ったら、サビはやけに正統派。なんだか泣きの入ってくる感じ、そんなところがかっちょいいです。

 

ボカロ界隈のウケが良さそうな気がちょっとだけしました。

 


そこに鳴る / 絶対的三分間【Official Music Video】Sokoninaru - Zettaiteki Sanpunkan

 

 

おわりに

昨日の「モーニング」もそうなんですけど、バンドマンたちってひねくれてるのか知んないけど「夏」って書いといてそれらしい「夏」っぽさがほとんどないですよね。いちいち初夏とか真夏とかやや視点ずらそうとしてるあたり、やっとんなって思う。

 

もっとTUBEくらい夏に振り切れた曲作ったらいいと思うのに。これは仮説ですがバンドマンたちは基本陰キャなので陽キャっぽい夏は苦手なんだと思います。「っぽい」がポイント。

 

ということで、バンド好きなら押さえておきたい「夏」の曲5選でした!!とても明るい気分になれないわというそこのあなたはキマグレンを聴いてください。はーいえ。いぇいいぇいいぇいいぇ。

 

なお、「夏」という名前はどこにもありませんが、夏がテーマの曲としてフジファブリックの「陽炎」もおすすめです。チョーおすすめ。聴いてね。


フジファブリック (Fujifabric) - 陽炎(Kagerou)

 

なお、これを書く前に「海」の曲も調べたんですが、「二人海の底」とか「海と花束」とかそんなんばっかりだったのでやっぱりバンドマンって暗いやつばっかりなんだろうなって思いました。でもそんなバンドマンたちの作る曲が大好きな砂漠のペンギンなのでした。

 

それでは、また~。

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス