さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

私がYoutuber中田敦彦さんを好きになれないワケ

www.youtube.com

忘れないうちに書いておこうと思って。

 

この方のやってらっしゃることって、正に自分のやりたいことなんですよ。

 

ただ、「目的」は全く違う。そこが、この方を好きになれない理由。

 

 

結局この方は、「自分のため」にしかこれをやっていないわけなんですよ。

 

forbesjapan.com

やってみました。そして、ヒットして、これでこんなに稼げるんだと。もうここはゴールドラッシュだと思って掘りまくったんですけど、今度は「でもあれ、俺って金が欲しいんだっけ」ってなってきて。・・・何をしたら僕は楽しめるのかを、知りたいんですよね。

 

ここでおっしゃっていることが本当ならば、この方は、「自分のカネ稼ぎ」とか「自分探し」のために「自分が『教育』と呼ぶモノ」を利用している。なんでこういうYoutubeやってるかって、「カネが欲しい」からにすぎなくて。したがってこのYoutubeを見ている人たちは、この方にとっては早い話が「金づる」なんですよ。

 

これ、個人的にはかなり受け入れがたいんですよね。

 

仮にも「教育」を名乗る人間が、

相手を「金づる」と見たらオシマイです。

 

「勉強を教えること」と「教育」は別モンなんですよ。塾なんか正にそうで。あれがやってるのは「教育」でもなんでもなくて、正確には「受験に勝つ方法を教えている」に過ぎないわけです。

 

「教育」の思想の根っこにあるものは、「公」の意識であり、「愛」の意識です。これがないものは、「教育」とは呼ばれてほしくない。だから、この方には「教育系Youtuber」なんて名乗ってほしくない。

 

「公」も「愛」もないものが「教育」なんだと勘違いされてほしくない。その先に生まれるものは、分断された社会ですよ。

 

「知識垂れ流し系Youtuber」とかだといいんじゃないですかね。「学ぶって、楽しい」そうなので。この文言も好きじゃないな、「知識を増やすって、楽しい」にしたらいいんじゃないかな。

 

 

余談。

 

書いてて思ったけど、これN国の党首の方に感じるものと同じ感覚ですね。あの方も、「自分が『政治』と呼ぶモノ」を「自分のカネ稼ぎ」のために使ってらっしゃいますから。

 

私が「インフルエンサー」とか「プロブロガー」とか「3日でフォロワー1000人突破!」みたいな人を好きになれないのはそういうところで、どいつもこいつも「自分さえよければ」の思想が見え見えなんですよ。そのためにはガンガン他人も出し抜くし、どんどん常識も無視するし。みたいな。こういう人達が跋扈する社会って、マジでヤバいと思う。ヒカルとかもそれ。

 

もちろん、そういった思想は否定すべきではないし、彼らのやり口っていうのは勉強になるところがすごくたくさんあるし、「そうでもしなきゃ生きていけない」っていう感覚も分からないでもないし。「そもそもそういうもんじゃないの?」と言われれば「そうかもね」と言わざるを得ない。

 

でもね。

 

こういった方々の思想は、絶対に、絶対にメジャーになるべきではない。人間は「つながり」で出来ているんだから。彼らの思想は、この「つながり」を細部まで分断しかねない。

 

「万人の万人に対する闘争」によってどのような社会が生まれるかなんて、想像すればわかるじゃん。そんなことあっちゃいけない。

 

まあ、「マスメディア」だって似たようなことやってるじゃん?っていうのは、おおむねその通りだと思うよ。でも、やっぱり「インフルエンサー」とか「プロブロガー」みたいな人たちと「マスメディア」は、根本的に違うものがあるような気がしてならない。前者からは、「情」が見えてこない。

 

きっと、N国がワンイシューでやってるみたいなのと同じで、「ネットメディア」で戦う人達っていうのは、なんか一つの分野に絞らないと稼げない、みたいなのもあるんだろうけど。そうなると、なおさらだよね。

 

「マスメディア」で芸能人とかテレビマンたちがやってきたことが、「ネットメディア」に丸ごと写ってきただけ。ただ、発信するためのハードルが異様に低くなった。結果、テレビマンたちに思想があるのとは違って、「ネットメディア」の人間たちから思想を読み取るのは難しい。

 

そして、私もその「ネットメディア」に飛び込もうとしている。できれば、こうはならないようにしたい。自らの思想は、常に根っこに持っておきたい。そう考えた夜の日でした。

 

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス