さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

「中村佳穂」のライブに、自由を考える。【やりたいことやったらいいじゃん】

f:id:sabapen:20190715161454j:plain

 はいどうもーヽ(゚∀゚ゞ)!

 砂漠のペンギン[@saba_pen]です。

 

 中村佳穂さんのライブ、最高でした。そりゃもう最高だった。最高以外に言葉がない。ご覧になりましたか?まだ見てない人は今すぐ見ましょう。2時間40分なんてあっという間ですから。

 

www.youtube.com

 

 

もくじ。

 

 

1.中村佳穂ライブ、感想!

 残念ながら現地で見ることもできず、砂漠のペンギンはYoutubeで配信されていたものを視聴いたしました。しかしそれでも、最高以外の言葉は見つからなかった。

 

 2時間40分なんて本当にあっという間で。普通だったら160分ってアホみたいな長時間なはずなんですけど、やっぱり最高なものは時間なんて感じさせてくれないですよね。

 

 何が最高だったかって、音楽もそうなんですけど「自由」だし「楽しそう」なことなんですよ。

 

 やりたい放題ですよ。電子音使いまくってる中で、まさかステージのど真ん中に和太鼓が出てくるなんて想像できますか?「おまつりだー」なんて言っちゃって。

 

 でも、それがちゃんと意味をもって舞台の中に組み込まれてて、全然おかしくない。いや、恐らくおかしいんだけど、嫌なおかしさがない。何よりみんな楽しそうだ。あんな最高な空間は存在しない。

 

 ゲストギターの人が、「この音楽がずっと続けばいいのに」と言っていましたけど、全く同意見です。

 

 

2.やりたいことやったらいいじゃん

 なんか、やりたいことやったらいいじゃん?って気持ちになっちゃいますよね。すごく背中を押されているような気分だ。もちろん意味を履き違えちゃいけなくて、大統領の手話デタラメにやったっていいじゃんとかそういうことじゃなくてさ。題材が古いな...

 

 そういう意味でも音楽って本当に自由だなって思ったし、楽しかったし、中村佳穂さんマジで大好きになりました。

 

 宮台真司さんが、アーティストとは「いったん出会ったらもう戻れないくらいの傷を追わせてくれるもの、こと」と言ったそうです(Twitterで教えてくれた方がいました。つぶやいたら宮台さんにRTされて激ビビりしました)が、まさにそれだったなあって。そういえばいつぞやのサカナクションもステージに和太鼓持ち込んでたな。

 

 やりたいことやったらいいじゃん。そこに誰か口をはさむ権利はあるのかな?

 

 もちろん、やるならそれ相応の覚悟は必要だと思うのですよ。リスクというかね。でも、本質的に考えたら別に必要ないリスクっていうのもありそうな気がするんですよね。例えば、「髪を染めるなんて、けしからん!」という言葉とかね。

 

 別に髪の色がその人間を決めるわけじゃないじゃないですか。どっちかって言ったら、その人間を決めてるのは「けしからん」という言葉の方だよ。

 

 残念ながら今の世の中は「正解は地毛」みたいな感覚なので、どうしてもそこから外れないように外れないように、という空気がありますけどね。これ、なんでなんだろうな。

 

 

3.なんで世の中「正解は地毛」なのさ?

 「髪染めたら、不良」みたいなのって中学ぐらいだと根強いと思うんですけどね、これ「正解は地毛」だからそうなってるわけであって、そこに揺るぎないイコールは無いんだよってもっと言った方がいいと思うんですよね。髪の色が自由になったら、多分不良は他のことやるよ。ピアス開けたりとか、タバコ吸ったりとかな。まあ今もやってるか。

 

 まあ残念ながら世の中「正解は地毛」なので、染めた瞬間不良扱いだし学校には入れてもらえないし知らないうちに「普通」と区別されて線引きされてるし散々ですけどね。

 

 なんなんだろうね、「マナー」とか「ルール」が存在する理由って分からなくもないんですよ。でも、「それって本当に必要?」みたいなのもたくさんある気がする。「必要」っていうのは、「『正解は地毛』の世の中で生きるために必要」の「必要」じゃなくてね。

 

 まあ世の中「画一化」されてると楽なんですよね。その人の内面を見る必要がなくなるから。「正解は地毛」にしておけば、そうじゃないやつは「おかしい!」ってなりますからね。

 

 大学ぐらいになると急にそのあたりが緩くなるのは、「19歳ぐらいだと自分で判断できるから」みたいなのもあるんですよね。これ中学生によく言う理屈ね。「大人になるまでガマンしなさい」って。

 

 でも判断できない大人なんて世の中探せばそれなりにいますよ。別にバカにしてるわけではなくそういうもので、判断できる15歳だって山の様にいるはずだ。それがなんで全員一律に「正解は地毛」にしてるかっていうとその方が楽だから。それを「ルール」っていうんですよ。

 

 

4.「ルール」がイヤなら。

 イヤなら世の中変えればいいんですよ。

 

 ところが世の中には「正解は地毛」の価値観で育ってきた大人がたくさんいるから。自分ですら「訳わかんないけど譲れないモノ」ってたくさんあるんだから自分より大人だったらそういうのもっとたくさんあると思うし。

 

 そういうオッサンを一人一人理屈で殴り倒せればいいんだけど、それがとっても骨の折れる仕事だなというのはガキンチョでも想像つくわけで、だったら「正解は地毛」に合わせた方が面倒じゃないんですよね。そうやって「大人」になっていくんでしょうね。割り切れないものを割り切るのが大人だって誰かが言ってたよ。

 

 まあ、よく身体への影響なんて言うけどそれこそ自己責任って話で、自分で使える金があるならタバコ吸おうがピアス開けようが好きにしたらいいんですよ。それで早死にしようが知ったこっちゃない。「自分で使える金があるなら」ってとこ大事ね。自分で稼いだ金だよ。自己責任っていうのはそういうことだから。

 

 残念ながら子どもっていうのは「ルール」でそれなりに制限されてますから。親の価値観によって多少支配される「ルール」なんですよ世の中。なんでもうまくいくと思うなよ。あ、「じゃあ親がいいっていうから染めたぜ悪いかよ!!」っていう不良が1番頭が悪い。イヤなら世の中変えれば以下略。

 

 

5.まとめ

f:id:sabapen:20190715160213j:plain

 

 なお、ルールルールうるせえんだよ!!ってそういう人嫌いじゃないです。好きにやったらいいんだよ。やりたいことやったらいいじゃん。その後どうなるかは知らないけどね。

 

以上でーす。

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス