さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

そんなんあり?歴史「っぽい」マンガ5選

f:id:sabapen:20190711172844j:plain

はいどうもーヽ(゚∀゚ゞ)!

砂漠のペンギンです。

 

歴史マンガが好きです!でも、史実に忠実、みたいなマンガってそんな好きじゃないです!何を言ってるのかよく分かりませんが、世の中そういう「史実にちょっとねじ込んでみましたよ」マンガっていっぱいありますよね。

 

ということで今回は、歴史「っぽい」マンガをご紹介しますね。

 

でも実際面白いよ。そういうマンガほど。

 

 

もくじ。

 

バンデットー偽伝太平記

morning.moae.jp

先に白状しておきます。なんでこの記事を書いたかってこのマンガが紹介したかったからです。

(*ノωノ)キャー

 

鎌倉時代末期から、室町時代にかけてのお話。主人公は、史実には登場しない奴隷の少年「石」です。彼と謎の悪党「猿冠者」、そしてこの2人の周りに次々と現れる歴史上の大物たち。そんなお話です。

 

なんともなんとも、打ち切りになってしまったことが本当に悔やまれる...。なんでだよ...。ちくしょー!!

 

まあハッキリ言ってなかなかにグロテスクですしほどほどにエッチですけどめちゃくちゃに面白いです。

 

なんていうかですね、これ読むと「侍」のイメージかなり変わると思うんですね。私もその一人です。実際この時代の侍っていうのはとてもとても「武士道」とは程遠い人種の人たちだったみたいで、そりゃもう無茶苦茶です。イカれたメンバーを紹介するどころではありません。侍だけならまだしも帝もイカれてるからなこのマンガ...

 

途中登場する足利尊氏のお父さんのセリフは「なにそれこわい」の一言に尽きます。超名言。侍の本懐とは...

 

6巻で打ち切り、なかなか書店にも置いておりませんが、これはもう必読。必読ですよ。この作者・河部さんの次回作「KILLER APE」は連載中、最近面白くなってきたと思います。打ち切るなよ!!絶対!!

 

 

へうげもの

ebookjapan.yahoo.co.jp

実在の人物「古田織部」を主人公に、戦国時代を「茶」という視点で読み解いたマンガです。

 

実在の人物が主人公とは言え、まあ相当にアレンジが加えられておりまして、「演出」では済みませんね。とくに、伊達政宗。「いやいやいやいや」と何度ツッコんだことでしょうか。しかし、そこがこのマンガの「味」と言っていいのだと思います。

 

アニメにもなった人気マンガでしたが、一昨年ついに完結。結末はぐっとくるものでした。美に狂う偉人たちの姿を、ぜひ読んでみてください。

 

 

ハーンー草と鉄と羊ー

morning.moae.jp

現在連載中!「源義経=チンギスハン説」を基に描かれるマンガです。例によって、そこそこグロいしそこそこエッチです。しかも1話目から。

 

この連載が始まったのが、ちょうど「ジパング」という、これまた義経を題材にしたマンガが最終回を迎えた、その次の号だったんですよね。なんだか続きみたいになっていて、何だこりゃ面白いなと思ったものです。あっ義経死んだ、と思ったら生きてました、みたいなね。

 

このマンガもですね、結構実在の人物が登場してきます。でも、正直このマンガを読むまで知らないような人ばっかりでした。勉強になります。

 

それにしても、義経=チンギスハン説、ってなんで広まったんでしょうね?なんともロマンのある話だなーっとは思うんですけどね。

 

余談ですが、この作者・瀬下さんが描かれた「ショート黒松」もかなり面白かったです。「読むとショートが守りたくなるマンガ」ってどないやねん、って思ってたんですけど、実際読み終えたらショート守りたいですもんね。背番号6番欲しいし、ゴロの処理めっちゃしたくなるし。

morning.moae.jp

 

BILLY BAT

morning.moae.jp

さあ、だんだん「っぽく」なってきましたね!!

(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ

 

BILLY BATは、日本の戦後三大ミステリーのひとつ「下山事件」からスタートします。「BILLY BAT」という1つのマンガが、「下山事件」をはじめとした様々な歴史を彩っていく、そんなマンガです。

 

ぶっちゃけ最後の方はなんだかよく分かんなかったのですけど、1巻はめちゃくちゃに面白かったなー。浦沢直樹作品は「MONSTER」からずっと追い続けているのですが、どうも最後の方がもやもやっとなってしまう印象。とーもーだちー。

 

調べていたら、考察を書いている方もいらっしゃいましたので、そちらを読んでみると、また別の楽しみ方が出てくるかも。

 

 

アルスラーン戦記

pocket.shonenmagazine.com

...なんだよ!!いいだろ「っぽい」って言ってるんだから別に!!なんか原作だと後世の話があるぽいしそっから見たら歴史じゃん。いいんだよ歴史で。

 

ルシタニア王国とパルス王国の戦いのお話...まあ架空のお話ですよ。でも、面白いっす。面白いからいいじゃないか!正義正義!

 

鋼の錬金術師も大好きだし、銀河英雄伝説も大好きな砂漠のペンギンにとって、このコラボレーションはもはや奇跡というほか無かったのですよ。だからもう大好きなんです。許して。

 

ただ、まだまだ先が長いようで、いったいどんなもんなんでしょうか?おおきく振りかぶって状態にならないといいな...いつまで1年生やってるんだよあいつら...

 

 

おわりに

...ということで、歴史「っぽい」マンガの紹介でした!...なんだよその眼は!その眼でこっちを見るな!

 

それにしても、モーニングのマンガばっかりでしたね。砂漠のペンギン、モーニング大好きなんですよ。ちょっと前までマンガと言えばコロコロコミック!みたいな感じだったのに...月日の流れは残酷だ。

 

それでは、また~。

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス