さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

「ドミコ」のはらむ、現代的なあやうさと、やさしさ。

f:id:sabapen:20190801171932j:plain

はいどうもーヽ(゚∀゚ゞ)!

砂漠のペンギン[@saba_pen]です。

 

今回は、ツーピースバンド、「ドミコ」を紹介させてください!

 

 

まずは聴いてみよう。

 

www.youtube.com

ギターボーカルとドラムの二人構成。この二人が出す音以外は何もありません。それなのに、なんなのだろうこの分厚い感じ。

 

技術的には簡単な話で、音を重ねまくっているというそれだけのことなんだけど、それでもこの空気を二人で出すことって本当に難しいと思うんですよね。

 

Blood Red Shoesって海外のバンドがツーピースでやっていたり、チャットモンチーが一人抜けてツーピースになってみたりと前例はあったけど、正直あまり魅力を感じなかったんですね。

 

そこに飛び込んできたこのツーピースバンド。なんて魅力的なんだ...!!!

(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ

 

www.youtube.com

格好は極めてゆるい。使っているギターは「ダンエレクトロ」と言って、なんだかふにゃふにゃした形のやつ。失礼ながら、顔に覇気があるわけでもない。(失礼)

 

それとはうってかわって、オルタナ感というか、エッジの効いた曲調。歌詞からどことなくただよく「面倒くさい」感じ。けだるさ。なんだか、最近のはやりの界隈にはないような雰囲気ですよね。

 

www.youtube.com

ところで、僕が一番好きなのがこの「くじらの巣」という曲なんです。ラジオから流れてきたので知ったのが最初だったんだけど、ツーピースだとは思いもしなかった。

 

「くじらの巣」っていうタイトルがいいですよね。いったいそれがどんなものなのかは全く想像がつかないけど、「くじら」ってひらがなで書くあたりに、僕は童話的なやさしさを感じたりもするのです。そういえば、このボーカルの人の名前表記もひらがな(さかしたひかる)だ。

 

ただ、歌われる歌詞から浮かび上がる人間像はとっても悲観的。言葉の多くは「~ない」と否定形で語られる。諦めすら感じさせるような歌からは、音の空気も相まってものすごい切なさを感じます。

 

この人、ボーカルのさかしたさんは、ひょっとしたらものすごく優しい方なのかもしれないな、と思いました。他の曲を聴いていてもそうだけど、誰も傷つけようとしない。不安で心は満ちているはずなのに、その不安を他人に向けようとはしない。

 

そのかわりに、自分の中で、不安を消化しようとしている。自分一人ですべてを消化することなどできないのに。そんなところが、曲調とか、雰囲気に出てきているのかもしれない。もちろん、この曲一つで人間を語ることなんてできないのだけど。

 

優しくて、あやうい。ツーピース、足元で重ねる音という、今までの日本のバンドシーンではあまり見られなかった新しさの中に、そんなものが含まれているように感じます。少なくともポップではないから、そう簡単には売れないのかもしれないけど...。でも、売れてほしいなあ。

 

以上です!イチオシまくってます!!ぜひ!!

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス