さばぺんタイムス

音楽と、本のレビューを中心に、その他もろもろを取り扱いたいです。

さばぺんタイムス

2020になる前に。おススメのゼロ年代バンド曲8選

f:id:sabapen:20190708231001j:plain

 

はいどうもーヽ(゚∀゚ゞ)!

砂漠のペンギンです。

 

すっかり定着?したこのあいさつでおなじみのペンギンですが、

 

昨日はスパイダソリティアで3時間を潰すという偉業を成し遂げました。

( ゚∀゚)=○)゚∀゚)・∵

 

単純なゲームの魔力ってすごいなあ。

 

砂漠ってなにも無いから、こういう暇つぶしは大事よね。

゚・。・(ノ∀゚)σ・。・゚イーッヒッヒッヒッヒッヒ

 

 

あと半年で2020年。2010年代も終わりですねえ。

 

あっという間に過ぎ去ってしまった10年。それを振り返る前に...

 

ゼロ年代の名曲たちに、出会い直してみませんか。

 

ド定番からあまり売れない...売れろ...そんな人たちまで。

 

というわけで、れっつごー。

 

o(゚∀゚ヽ)(/゚∀゚)o レッツゴー♪

 

 

もくじ。

 

フジファブリック「桜の季節」

「桜の季節」といったら、誰がどう見たってフジファブリック。断じてEXILEではない。

 

なんで桜の季節なんて曲名を出してしまったのか。EXILEよ。。

 

今度別記事を書くつもりだけど、このバンドの記事だけで5000コくらい朝飯前くらいで書けちゃいそうなくらい砂漠のペンギンが好きなバンドですよ。

 

 

Base Ball Bear「CRAZY FOR YOUの季節」

Base Ball Bearベボベ。なんと手抜きみたいなMVだけど、それでもかっちょいいじゃない。

 

元の曲名は「桜の季節」だったのだけど、フジファブが既に出していたので曲名を変えた、というのは有名な話。

 

このバンドの作る曲は、ほんとに青っぽくて大好きなのです。「サテライト・タウンにて」とか、チョーおすすめです。

 

 

FoZZtone「茶の花」

なぜだ!なぜFoZZtoneは売れないのだ!!

 

出会いはスペースシャワーTVという、衛星放送の音楽チャンネルだったのだけど、Voの渡曾さんかっこよすぎだし、青いギターもかっこよすぎるし、曲も最高。最高尽くしである。

(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ

 

このバンドの曲には妙な色気があると思うんですよ。なんちゅーか、エロい。このエロさで売れるべきだった。活動休止中でございます。

 

 

ACIDMAN「イコール」

3人のバンドっていうのは、どうしても音が足りなくなりがちなのだけど、ACIDMANに限ってはそんなことなかった。みんなが帽子をかぶるバンド、ACIDMAN。なんとかっこいいのだろうか。

 

この曲が入ったアルバム「equal」は本当に名盤だと思うのです。当時中学生くらいだった砂漠のペンギンは撃ち抜かれまくってました。

 

Voの大木さんが持っているギターは「リッケンバッカー」というギターなのですけど、好きすぎて砂漠のペンギンは同じものを買ってしまいました。サカナクションの山口さんも持っている。

 

 

onsa「いつか忘れてしまう前に」

onsaって、ご存知です?あまり売れなかったバンドだと思われる。私も知ったのは割と最近の方なんですけど、かっちょいー。

 

なんというか、普通の4人編成のバンドにありがちな空気感というのが、このバンドにはない。なんでなんだろう。

なんでだろぉ~ぉ♪*1なんでだろ♪

 

「mirror」という曲もかなり好きです。もうちょっと早く知りたかったバンドですねえ。

 

THE JETZEJOHNSON「Dancetek」

10年先取ってる人たち、ジェッジジョンソン。こういう曲、いま出てきても全然違和感ないですよね。

 

ガンガンライブ組んでいった結果、V系バンドばっかりのライブにぶち込まれたのは有名な話。Voの藤戸さんはリーマンやりながらやってた。今もなのかな。マジでスーパーマンである。

 

久しぶりに聴き直してるんだけど、やっぱりかっこいいよ。「HEADLINER OF THE YEAR」とかも好きです。

 

 

SCOOBIE DO「MIGHTY SWING」

なぜだ!なぜ売れないのだ!!パート2。

 

「FUNK-A-LISMO」のもと、ファンク一筋。この人たちは楽曲も最高にかっちょいいが、ライブがすごい。アツい。アツいんだよ。

 

こんな大人のかっこよさバンド、今こそ売れるべきである。最近はおしゃれなバンドのブームも来ているのだ。今こそ!!!

\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーッ!

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONアフターダーク

最後にアジカンをもってきてみました。説明は不要だと思われるのです。

 

当時のキッズだったら絶対アジカンは1回くらいコピーしている。砂漠のペンギンは200回くらいコピーしました。まちがいない。

 

 

おわりに

 

...ということで、今回はゼロ年代の紹介でございました。

 

この時代は私にとっては間違いなく青春時代で、もうどいつもこいつも大好きなやつばっかりなんですよ。

 

ここでは紹介しなかったけど、School food punishmentとか、The Hangoversとか、トルネード竜巻とか、もうもうもう!!!もう!!!

 

また、そのうちこの年代のバンドたちの記事は書きたいなと思っております。ひゃっほう。

 

それでは、また~。

ァディオ───(`・ω・´)ノ───ス

*1:乂(゚∀゚;)≡(;゚∀゚)乂